いいでしょ?僕の人生

久しぶりのレース!「かすみがうらマラソン」を走ってきた


先日、「かすみがうらマラソン」に出場してきました。ブログではあまり触れていませんが、実はかなり久々のレース。走り切れるかさえ不安な中、楽しく走れたことに感謝です。

◼︎暫く走れなかった苦悩の日々

2017年、レースは出走取材させて頂いた「みらいマラソン2017の10kmのみ。だいたい年15〜20本はレースに出場しているので、かなりの少なさです。しかし、決してエントリーしていなかった訳ではなく、ことごとくDNSとなっていました。

2月に入ってすぐにマイコプラズマ肺炎を患い、1ヶ月間の運動禁止高熱が続いて咳が止まらず、症状が落ち着いても、暫くは運動するとすぐ苦しくなる状態が続きました。そのため以下レースをDNS。どれも楽しみにしていたので、本当に悔しい思いが残ります。

  • 鳥取マラソン
  • 徳島マラソン
  • 沖縄本島1周T.O.F.R2017

やっと治って走り始めたものの、突然息苦しくなることが。様子を見ながら少しずつリハビリしていましたが、1ヶ月弱ほど経ったタイミングで不運が起こりました。ランニング中、突然現れた無灯火運転の自転車を回避!…その瞬間、縁石に足を強打して吹っ飛んだのです。結果、左手や肘から出血があり、左足中指が歩くだけで激痛。ヒビが入ってしまい、また走れなくなりました。

実のところ、左足中指は今もまだ痛みがあります。しかし、着地・蹴り出しの動作を工夫することで、とりあえず走れるレベルには回復しました。

そして目前に迫ったのが「かすみがうらマラソン2017」。2週間半ほど走れずにいましたが、どうしても走りたい気持ちが。そのため、本当に僅かながら1週間(実質は5日間)の緊急リハビリを経て、先日、大会へ出走してきたのです。

◼︎不安からワクワクへのシフト

あまりに走れておらず、リハビリで走った際も体力・筋力の低下を痛感。とにかく不安な中、前日はできる限りベストな状態で走れるよう、ケアを入念に行いました。朝から3回に分けてストレッチ・筋膜リリース、そして温泉に入ってのマッサージ。しかしレースをイメージしていたら、ちょっと楽しくなってきました。

「こんな状態で、どれだけ走れるのだろう?これ、自分の走りを試すチャンスなのでは?」

ロクなトレーニングもできていない、素に近い状態。筋力・体力に頼るのではない、まさに自分との戦い。そう考えると、不安は拭えずともワクワクしてきます。

「よし、目標はサブ3.5だ!」

リハビリトレーニングでは、速くても5:30/km程度のペースまでしか出していません。知り合いと20kmのLSDを行いましたが、ビックリするほど疲労しました。それをいかに補い、目標に到達させるか。レース展開すらイメージできない状態で、大会当日を迎えます。

◼︎戦略勝ち!?サブ3.5を達成

大会当日、とにかく移動や待ち時間で疲れないよう、会場には30分前のギリギリ着で移動しました。あまり料金が変わらないので特急を予約。お陰さまで、スターブロックに10分前着という流れでのスタートです。軽く肩甲骨や股関節周りの可動域を広げる運動を行い、アップなしで走り出しました。

さて、いよいよレース開始。どんなペースで走るか迷いましたが、

「そのとき、一番気持ち良く走れるペースで進もう」

と決めます。するとスタート直後こそ混雑で遅かったものの、だいたい4:20/kmペースで推移しました。思ったより楽に速いペースで走れたことに驚きつつ、しかしこれが後半への良い戦略になります。

17kmを過ぎた頃、左足中指にズキズキと痛みが…。様子を見ながらペースを維持しますが、やがて24kmで限界を迎えました。着地するだけでズキッと激痛が走り、とてもいつもの走りなどできません。

「このまま走ったら悪化してしまう。そしたら、また走れない日々が延びるじゃないか。」

決断はすぐ。一気にペースを落とし、踵着地も止むを得ずな中足部メインの走りに切り替えました。とくに「かすみがうらマラソン」は前半にアップダウンが多く、爪先への負荷が大きかったのだと思います。

やや筋肉に頼らざるを得ず、少しずつ筋疲労も蓄積。助かったのは体力面でさほど辛くなかったこと。とにかくフォームに意識をシフトし、“楽に走れる”ことを考え進みました。

声援に「ありがとう」と応え、ハイタッチしながらゴール。きっちり目標のサブ3.5はクリアの【3時間24分56秒】で走り切れました。なかなか際どいレースでしたが、前半抑えず思うままのペースで走ったため、余裕を持てたのが大きかったと思います。ラップタイムを見てみると、見事に25km以降ののラップからペースがガタ落ちしているのがお分かり頂けるでしょう…

ちなみに大会当日は驚くほど気温が上昇。倒れる人が続出するほどに暑くなりました。走り終えてみると、春だというのにくっきり日焼け。私は暑さに強い方なのでさほど苦しくありませんでしたが、一緒に走った仲間にも、この暑さにやられた方がいたようです。そろそろトレーニングも含めて、暑さ対策が必要な季節ですね。

ひとまず完走できたことに一安心。左足の指はもう少し治療が必要そうですが、しっかり治し、ここからリスタートします。次は「仙台国際ハーフマラソン」。さらにその翌週に「いわて奥州きらめきマラソン」と、楽しみなレースが目白押し!!無理せず楽しく、今年度も笑顔いっぱいに走っていきます。