いいでしょ?僕の人生

念願のサブ3へ!福岡マラソン2015(準備編)


2015年11月8日(日)、「福岡マラソン2015」に出場しました。年内のポイントレースとして位置づけ、この日に合わせてトレーニングや調整に取り組んできた大会。目指す目標は“サブ3”です。

サブ3達成に向けては、自分なりに工夫し、準備してきました。その辺りの詳細は別でブログに残しますが、まずは大会のレポートを「準備編」「レース前編」「レース後編」の3回に分けて。カメラやスマホを持たずに走ったので写真が少ないですが、その点はご容赦ください。

■飛行機に乗り遅れ!?
福岡までの交通手段は飛行機。あらかじめ、LCCのピーチ航空で予約していました。初めて利用する航空会社なので、これもまた1つの楽しみです。11月7日(土)、朝起きてまずは長男の学校公開&展覧会へ。帰宅してすぐ、予定より早めの電車に乗って出発しました。

しかし・・・

慣れとは怖いものです。最近はよく国内を飛行機で飛び回っているのですが、その流れで成田空港の第2ターミナルに下車。「国内線」の案内表示に従って歩くも、まったく“Peach”の看板が見当たらない。すぐさまスマホで利用ターミナルを調べたところ、<第1ターミナルです>との情報が。成田空港…第2・3ターミナルは歩いて移動できるのですが、第1ターミナルは離れているんです。

散々探し回ってしまったので、すでにチェックイン15分前。慌てて外に出てタクシーを拾い、第3ターミナルへと向かいます。なんとか7分前に到着。チェックイン機の場所が分からないので、目の前にいた空港スタッフに

「ピーチのチェックイン機はどこですか!?」

と、やや前のめり気味に聞きました。するとすぐさま回答を得たので、その通りに進みます。もはや、慌てる必要もありません。スマホに保存したチェックインバーコードの画面を開き、少し早足で…

どこにもチェックイン機がない

教わった通りに真っ直ぐ進んでいるにも関わらず、一向に見当たらないチェックイン機。そう、スタッフさんは場所を間違えて教えていたのでした。

とはいえ悪いのは自分。

とにかく各航空会社のチェックイン機のあるエリアを走り回ると、遂に発見!!チェックイン制限である、ギリギリ30分前のこと。しかし、どうも様子がおかしい。嫌な予感がしつつチェックイン機に近づいてみると…

「あれ?電源切れてない?」

画面には次のチェックイン時間を知らせる札が掛けられ、電源が入っていない。しかも周囲にはバリケード。チェックイン機に書かれていた番号に電話しても、なんと営業時間外のアナウンス。飛行機の案内が、土日休みって…。するといつの間にか、同じように遅れてしまった人たちが数名。しかし、もはや完全に詰んでいます。

■他の便でなんとか受付到着!
焦りながらも、なんとか冷静に考える。ピーチに乗ることができないのだから、他の便を探すしかありません。同じくピーチの別便、そしてANAやJAL…どれもダメ。飛行機が出ていても、大切なのは時間。そう、この日は20時までに、大会受付を完了しなければならないのです。

すでに時間は14時過ぎ。ほとんどの航空会社が、あとは夜の便を残すのみでした。しかし、そこに救世主となる航空会社が!

写真 2015-11-07 13 35 11

なんと約1時間半後に便があるじゃないですか。しかし時間が迫っているため、すでにオンラインでの予約受付は終了。席が空いているかどうか…第3ターミナルへ再びタクシーで移動してダッシュ!カウンターで聞いてみると、予約OKとの返事。とにかく一安心。

写真 2015-11-07 13 35 02

いくらこんな足元でも、空港はゆとりを持って歩きたいですね。無駄に走り回って体力を消費してしまいましたが、スタートラインに立てないことに比べれば問題ありません。

ゆとりを持って保安検査場を通り、滞りなく予約した便で福岡へ。時間が遅れた分、ホテルで行うつもりだった仕事を機内で。『ホテルに着いたら、ご飯を食べて寝るだけ』状態を作っておきました。高いパフォーマンスを発揮するには、睡眠も大切ですからね。

写真 2015-11-07 18 22 47

受付に到着する頃には、すでに暗くなっていました。外は雨が降り、しかし受付(&同時開催のEXPO)は野外という状況。早く休みたい気持ちもあり、EXPOは華麗にスルーして即ホテル。何はともあれ、とにかく受付が間に合って安心しました…

■念入りに準備して早めの就寝
自分のアホさ加減にちょっと呆れつつも、すでに20時近かったので晩ごはん。

写真 2015-11-07 18 54 58

大好きなラーメン&ビールは我慢。これが翌日のコンディションに繋がると信じて、たまたま近くにあった『WEST』でうどんを。このうどんが、もっちり麺でもの凄く美味しかった!

ホテルに戻ると、自宅から持参した『きき湯 ファインヒート』にゆっくり入浴。そして低周波治療器で軽めにケアしながら、ウェア等の準備を行います。

写真 2015-11-07 19 34 03

久しぶりに着るランシャツ。記録を狙うのであれば、やっぱり軽くてフィット感のあるランシャツが一番です。後泊するので、当日の預け荷物は多くありません。

  • お金(ジップロックに必要最低限
  • 雨対策(雨合羽、タオル、折り畳み傘)
  • アームウォーマー
  • 着替え
  • カメラ(スタート&ゴール地点の取材用)
  • スマホ

これらを指定の預け荷物袋に入れて、準備完了。最後にストレッチ&マッサージで筋肉をほぐし、21時に就寝しました。スタートは8:20のため、これで7時間半は眠れます

「あとは、本番を走りぬくだけ!」

です。どんなレースになるのか…『レース前編』をお待ち下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です