いいでしょ?僕の人生

“記録を狙う”今季ラストレース|板橋Cityマラソン


164268_519684621404110_1266202326_n

3/24(日)は、近場で開催されるフルマラソン「板橋Cityマラソン」へ出場してきました!

仲間たちと20日(水)に長距離ラン練習(環七1周)したんですが、脚の痛みが激しくなり30km地点で離脱。電車で先回りしてラスト5kmを再び走りましたが、もの凄くイヤな感じでレースを迎えてしまいました。
どうも最近は“超長距離レース”を多く走っているためか、脚の疲労が抜けず。色んな箇所が痛んでいて、脚が追いついていない感じです。シーズン終えたら、ちゃんと労ってあげないといけませんね。

ということで、板橋Cityマラソンは今シーズン記録を狙うラストレースと位置づけました。
記録と言ってもこの状態でベストが出せるかといえば、まぁ厳しいよね…というのが正直なところ。しかしガンガン走り続けていても故障したら意味ないので、どこかでラインを引かなければいけません。

コースは荒川河川敷。ハーフ距離の折り返しコースです。
朝会場に到着すると、すでに大勢のランナーで埋め尽くされていました。参加者15,000人は、河川敷の狭いコースで考えると多すぎでは…と思いましたが、仕方ないですね。
 
板橋Cityは、事前に計測チップやゼッケンが郵送されてきます。そのため、当日の受付はなし!参加者の多い大会ですと、これは本当にありがたい。会場に着いたら着替えて荷物を預け、あとはスタート地点に移動して待つのみです。
 
私は陸連登録をしているので、比較的前の方からスタート。記録を狙うランナーにとっては、有り難いことです。後ろの方だと号砲からスタートラインを越えるまで時間が掛かりますし、自分よりペースの遅いランナーが固まると早く走れません。

スタート直前まで地べたに座り、マッサージ&ストレッチ。痛い部分、疲れが溜まっている部分を確認して、走り方などを考えます。今回はいきなり膝に違和感があったので、痛み止めを服用してからのスタートになりました。
今回のレースは“記録を狙う”ので、スタートから攻めます。これまでの自己ベストは3時間28分。狙うは3時間25分切りです。まだ最後までスピードを維持するだけの筋持久力が備わっていないことは自覚しているので、前半飛ばして後半気力で持ちこたえる作戦です。

スタート直後、3kmほどの地点で両足スネが痛みます。
しかしこれは、いつも数km走ると和らぐ痛み。気にせず走っていると、案の定5km地点では痛まなくなりました。ここまで、1kmを4分40秒弱のペースで走れています。
 
最近思うのは、本当に100kmを超えるレースを走って良かったな~ということ。今回も明かに脚は重たいのですが、それでも「進める」と思えます。これはより過酷な状況を、何度も経験しているからでしょう。今回も過去の自分ならば、ペースを落とした状態だったと思います。
しかし脚が重くても、走れているならスピードを落とす必要はない。「42.195kmで終わるんだから」と考えられたのは、間違いなく経験故のことでしょう。

ハーフを通過したのが、1時間38分。ハーフマラソンの自己ベストと1分ちょっとしか変わりません。これは、もっとハーフ早く走れるってことですね…頑張ろう。
フルマラソンで、ハーフを1時間40分以内に通過したのは初めてのことでした。

よくフルマラソンでは「30kmの壁」という表現をされますが、今回は久々に少しその壁を感じてしまいました。25km過ぎた当たりから左膝裏が痛み、加えて吐き気が出てきます。走っている最中に咳き込み、そのまま「おぇ…」と吐きそうになる。要するに内臓がダメージを受けているわけですが、レースで内臓がやられるのも初めての経験でした。トレーニングでもスピード練習などで追い込み過ぎると同じようになるのですが、今思えば限界点を超えようとしていたのかもしれません。

しかし35km手前まで、ペースは1km4分40秒ほどを維持。以降は5分を超えてしまいましたが、ラスト5kmは本当に気力で走った感じです。

「自分との会話」

これが、最近レースでいくら辛くても前に進めるポイントになっています。

「あと、たった●●kmだ!」
「残りの距離なんて、練習でも走れるじゃないか!」
「歩いたら、ただのヘタレだぜ?」

そんな会話を、自分自身と繰り広げています。正直に言って、私はあまり精神的に強い方ではありません。つい口から言い訳が出たり、諦めそうになることなんてしょっちゅうあります。でも自覚しているし、それではいけないと思っている。だから、自分に対して厳しい自分を作り、走ることから自分を変えたいと考えているんです。

ラストスパートは、100mだけ。それ以上スピードを出したら、本当に吐いてしまいそうでした。

「走りきった!」

そんな思いでゴールしたタイムは、3時間25分26秒。目標にはわずかに及びませんでしたが、自己ベストを更新です。自分の中では、納得できる良いレースができたと思います。
575321_519763021396270_634315889_n

これで、気持ち良く今シーズンは記録を狙うレースを完了とできます。まだ幾つかレースは残っていますが、ウルトラマラソンなど“楽しみたい”レースばかり。年末からまたマラソンシーズに入るので、それまでしっかり体を癒し、更にトレーニングを積んで仕上げます!

最後に板橋Cityマラソン。
コースは走りにくいです!ほぼフラットなのですが、途中に何ヶ所も砂利道が…。特にスタートして暫くは大勢のランナーが周りにいるので、砂埃が酷かったです。
河川敷なので景色は変わらないのは仕方ないですが、ちゃんと舗装されたら、もっと記録も狙いやすいレースになるのではないかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です