いいでしょ?僕の人生

惨敗のスイムレース|御宿オーシャンスイム


昨日9/15(土)は、人生初のオープンウォータースイム「御宿オーシャンスイムレース」に出場しました。
オープンウォータースイムとは、つまり海で泳ぐレースのこと。ウェットスーツを着用して、3.84km(制限時間90分)のレースに挑みました。

もともと水泳は得意なのですが、海になると別問題。プールのスピードと比べて、圧倒的に遅くなります。その要因は、簡単に言うと以下のポイント。

・波がある
・透明じゃない(特に汚い海は・・・)

この2つによって、まず「まっすぐ泳げない」ということが起こります。直線で100mの距離も、いつの間にか曲がってしまい、実際には120m泳いで到着・・・なんてこともあるわけです。

実は海をレースとして泳いだのが、石垣島トライアスロン以来。朝からドキドキしていて、楽しみな反面で不安もいっぱいでした。

レースには制限時間があり、今回は90分。
さらに途中でも関門が設定されており、その関門へ各制限時間内に到着しなければ、足きりとなります。足きりになると陸に上がらなければばらず、それ以上は泳ぐことができません。

結果、私は1.3km地点で見事に足きり・・・
30分という関門制限を、約2分ほどオーバーしてしましました。

100名ほど同じ種目に出たのですが、どうやら40名以上が同じく足きり、もしくはリタイアしたとのこと。波が高かったため、普通よりも過酷なレースとなったようでした。

1.3kmとはいえ、恐らくもっと泳いだと思います。なぜなら私もその高波にやられ、どんどんコースを外れていたから。ヘッドアップして前を確認しても、波が高くて何も見えないから驚きでした。

非常に悔しい結果。ですが、これが今の実力です。
実力が足りないのであれば、さらに実力をアップさせれば良いだけのこと。泳力、特に海を泳ぐための力をつけるべく、さらにトレーニングに励みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です