いいでしょ?僕の人生

サブ3ペースでどこまで行けるか!?|湘南国際マラソン


月初いきなりの三連休。その中で11/3(月・祝)、「湘南国際マラソン」へ出場して参りました。シーズンが始まったばかりということで、まだまだ記録を狙うタイミングではなく。とはいえ、これまで積み重ねてきたトレーニングの仕上がりを確認しようと、

「サブ3ペースでどこまで走れるか!?」

を念頭にチャレンジ。結果撃沈でしたが、レースの様子をご報告します。尚、今回はガチ走りだったので、写真少なめです…(´・ω・`)

■スタートまで
東京都葛飾区に住んでいる私にとって、湘南国際マラソンの舞台となる大磯は遠く…。朝4時に起床して、5時の電車に乗るというスケジュールでした。普段は目覚ましもかけずに「起きるまで寝る」スタイルなので、目覚ましで起きるのが新鮮です。

前日は少し早め、10時過ぎには就寝。目覚ましをスヌーズ付きでガンガン設定しました。4時とか、まだ真っ暗ですよね。目覚ましで起きてもすぐ二度寝。3回目くらいで、やっと起き上がる始末(;´∀`)ササッと準備して、なんとか予定通りに家を出ます。

が・・・

写真 2014-11-04 8 04 15

家を出る前に、朝食は納豆1パック。スタートまで時間があるので、電車に乗る前に駅コンビニでおにぎりなどを買おうと思っていました。しかし、これが大誤算!!!

駅のコンビニって、始発時間から開いているわけじゃないんですね。もう、思いっきりシャッター閉まってました。駅に向かい途中で買えばよかったですが、時既に遅し。仕方ないので、飲み物だけ飲みながら向かいます。乗換駅でも確認しましたが、やはり閉まっていて何も買えず(´;ω;`)ブワッ

「まぁ、目的地付近にあるだろう」

そんな風に楽観視していましたが、これが甘かった。到着した大磯駅横のコンビニには、すでに長蛇の列。さらに会場へ向かうバスにも列ができており、両方並んでいたら遅刻の可能性もあります。ここまで来たら、もう仕方ない。

バスを選びました(´・ω・`)

写真 2014-11-03 7 37 05

そんなこんなで、なんとか会場に到着。まぁ空腹感はそこまで感じていなかったので、走ってみるしかありませんね。

納豆1パックの力で( ゚д゚ )クワッ!!

果てさて、どんなレースになるのでしょう。いよいよスタートです。

■スタートからゴールまで
先に書いた通り、今回は「サブ3ペースでどこまで走れるか」のチャレンジ。ということで、予定通りスタートから飛ばしました。最初の1kmを4:10、そしてその後は4:15前後。気温が高かったので給水をこま目に取ります。

若干脚が重かったものの、調整をしたわけではないので仕方ありません。着地、身体の向き、上半身の動き方を意識しながら、筋肉が力まない(=リラックス)ように走ります。10km頃で「最後まではもたない」と感じてしまいながら、そんなことはお構いなし。だって「どこまで走れるか」のチャレンジなんですから(b´∀`)ネッ!

約19kmで折り返すと、トライアスロンチームの仲間とすれ違いました。かなり疲れていましたが、そこは元気に「ファイトー!」と声をかけます。不思議なもので、そうすると自分もちょっと元気になるんですね。
ちなみに、京都マラソンでも同じチャレンジをしており、その際には15kmで撃沈。19kmで肉離れしてしまった経験があります。幸いにもそのときのような痛みはなく、注意しながらもペースを維持。「以前よりペースが維持できている」というプラスの要素は、疲れながらも力になります。

そして、ハーフマラソン地点を通過。
ハーフマラソンの自己ベストは【1時間31分】です。そしてここでの通過タイムは…

1時間28分!!!

まさかの、フルマラソン通過タイムでのハーフ自己ベスト((´∀`))ケラケラ
しかし、ここからはもう失速へと向かっていきます。24km通過は4:15/km、しかし25km通過で4:25/kmへと落ち込み、ここからは5:00/kmを切るのが精一杯。どれだけ気合を入れても、ペースが上がりません。

「よし、やーめた!!!」

サブ3ペースチャレンジは、ここで終了。これ以上の無理をすれば、恐らくどこかしらに痛みなどが起きてしまいます。今のタイミングは、まだ目標達成に向けた準備段階。無理をする場面ではありません。
27kmでストップウォッチを停止。これで、もうタイムを気にすることもないでしょう。筋肉は柔らかいのに、脚が重くてなかなか進みません。しかも少しずつ、頭が痛くなってきました。酸欠でしょうか?もう少し早くペースを落とすべきだったのかも…

それからは身体の状態に合わせて気持ちよく走り、 キツなったら歩く。1km8分くらいかけた場所もありましたが、それでOKです。辛そうになっているランナーに声を掛け、給水所でスタッフさんとの会話も楽しみます。そう、『楽しむ』ことが一番大切なんですね。

ラスト3km程の折り返しを越えると、再びトライアスロンチームの仲間と遭遇。とても辛そうでしたが、大きく声を掛けると応えてくれました。マラソンは1人1人、いろんな目標や思いを持って走っているんですね。
この頃私はお腹がグーグー鳴り始めていましたが、ハンガーノックになるレベルではありませんでした。日頃からエネルギーの少ない状態で走ることが多いので、それが功を奏したのかもしれません。スポーツドリンクで糖分を入れれば、それがガソリンとなって脂肪が燃えて走れる感覚です。

ゴールが近づき、「練習になれば」とラスト2kmは再びペースアップ!頭痛も少し治まってきていたので、しっかりスピードを出して終えようと思いました。まさかの急坂が立ちふさがるも、だからこそ全力疾走でランナーを抜き去ります。ゴール付近で思いもよらず知り合いが応援してくれていたのには、本当に嬉しく思いました。

写真 2014-11-03 13 21 56

3分台/kmまで上げ、 笑顔でフィニッシュ!タイムはグロスで【3時間37分07秒】。ネットタイムで、恐らく3時間34分程だと思います。後半あれだけ落ちたと思ったのに、このタイムはむしろ驚きました。ちゃんとペース考えて走れば、自己ベストは出せそうな気がします。それだけでも、今回のレースで収穫がりました( ´∀`)bグッ!

常に自己ベストを狙う必要はない・・・と思います。今回は自分の今の力量を知り、また目標に向けての課題をしっかり認識することができました。ペース配分だけでなく、筋肉の使い方やフォームの崩れ、エネルギーなど。無理しなかったので、疲労や痛みもなく、すぐにトレーニングを再開できる状態。さっそく翌日から走っています。

まぁ、サブ3という目標がさらに遠く感じた…というのも事実。ですが、決して手の届かないものではありません。諦めず、前を向いて進む。日々改善と努力を重ねていきます。

写真 2014-11-03 13 54 04

そうそう、レース後に食べた蕎麦&ビールは最高でした。空腹だったこともあり、満たされた感じがハンパない!空腹で走ることを経験したのも、まぁ何かしら役に立つでしょう。

応援頂いた皆さま、ありがとうございました!そして同じくレースに参加された皆さま、お疲れ様でした!

あー、楽しかった♪(●´ω`●) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です